タッパーはガラス製が正解!iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」を食器として活用しよう

iwakiの耐熱ガラスにはいろいろな大きさがある

こんにちは。

台所で活躍するアイテムの1つがタッパーです。プラスチック製の入れ物で蓋ができるアレですね。

でも、うちではプラスチック製タッパーは使っていません。

代わりに大活躍しているのがiwakiイワキの耐熱ガラスです。

本記事ではiwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」の素晴らしさを、長年愛用しているわたしが紹介します。

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」をオススメする理由

では、わたしがiwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」をオススメする理由から紹介します。

ニオイがつかない

まず1つ目の理由は、食べ物のニオイが染み付かないことです。

その理由はガラスだから!

ガラスなのでニオイがつきにくい
ガラスなのでニオイがつきにくい

プラスチックのタッパーにキムチをいれて「洗ってもニオイがぜんぜんとれないんだけど……」という経験はありませんか?

「パック&レンジ」なら、フタにもニオイが残りにくいです。

iwakiの耐熱ガラスはフタにもニオイがつかない
iwakiの耐熱ガラスはフタにもニオイがつかない

ちなみに、プラスチック製のタッパーのフタと違い、固めのプラスチック製です。

フタのまま電子レンジに入れられる

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」をオススメする2つ目の理由は、フタをしたままレンジで使えること。

iwakiの耐熱ガラスはフタごと電子レンジででも使える
「パック&レンジ」はフタごと電子レンジででも使える

安物のタッパーだとフタが変形したりするので電子レンジでは使えませんよね。

いちいちラップを使うのももったいないし……。

オーブントースターでも使える

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」をオススメする3つ目の理由は、オーブンやオーブントースターでも使えること。

iwakiの耐熱ガラスはトースターでも使える
iwakiの耐熱ガラスはトースターでも使える

このように、トースターの中に入れて焼いても大丈夫です。

耐熱ガラス、すごい!

もちろん、フタはプラスチックなのでオーブンで溶けます。フタは外して使いましょう。

食洗機に入れられる

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」をオススメする4つ目の理由は、食洗機にも入れられることです。

iwakiの耐熱ガラスは食洗機に入れられる
iwakiの耐熱ガラスは食洗機に入れられる

耐熱ガラスなので、高熱に強いんですね。

新商品のNEWパック&レンジフタなら、いっしょに食洗機に入れてOK(旧商品でも上の画像にある不透明で白いバージョンのフタならOKです)。

冷凍できる

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」をオススメする5つ目の理由は、冷凍庫にも入れられること。

iwakiの耐熱ガラスは冷凍庫に入れられる
iwakiの耐熱ガラスは冷凍庫に入れられる

同じ容器に入れたまま、冷凍→冷蔵庫で解凍→電子レンジ/トースターという流れで使えるのってうれしくないですか?

(もちろん、フタをしたまま冷凍できます)

積み重ねられる

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」をオススメする6つ目の理由は、積み重ねられること。

うちの冷蔵庫の中では、次のように積み重なってます。

iwakiの耐熱ガラスにはいろいろな大きさがある
「パック&レンジ」にはいろいろな大きさがある

この容器のフタにあるくぼみに小さい容器がちょうど合うようになっています。

なので、上に重ねた状態で多少ななめにしてもこのとおり!

iwakiの耐熱ガラスを重ねてななめにした様子
iwakiの耐熱ガラスを重ねてななめにした様子

ななめにしてもすべり落ちません。まぁ、この角度が限界でしたけど(笑)。

ちなみに、サイズは次のものがあります。

「パック&レンジ」のサイズ
  • 200ml(W9.3cm×D9.2cm×H5.4cm)
  • 450ml(W13cm×D12.8cm×H5.5cm)
  • 550ml(W13cm×D12.8cm×H6.6cm)
  • 500ml(W18.6cm×D9.3cm×H5.5cm)
  • 800ml(W15.6cm×D15.6cm×H5.5cm)
  • 1.2L(W18.5cm×D18.5cm×H5.5cm)

フタが透明なので中に入っているものがわかりやすい

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」をオススメする7つ目の理由は、フタが透明なので中に入っているものがわかりやすいことです。

実は、うちにあるのは主に旧タイプでフタが不透明中になにが入っているかわかりづらいのが難点……。

iwakiの耐熱ガラスにはいろいろな大きさがある
「パック&レンジ」にはいろいろな大きさがある

上の画像のように横から見ればわかりますが、フタが透明ならもっと便利ですよね。

でも最近の商品は、次の画像のように透明のフタに切り替わっています。

透明のフタ
透明のフタ

上のものはほんのりグリーンがかった色のフタです。

中にブラックサンダーを入れてもこのとおり(なぜブラックサンダー?)。

中になにが入っているかがよくわかる!
中になにが入っているかがよくわかる!

ということで、冷蔵庫の中に入れても非常にわかりやすいです。

この透明のフタは「食洗機」では使えなくて、新商品の「NEWパック&レンジ」の場合は食洗機で使えます。

つまり、「NEW」のほうがオススメということですね。

透明+フタまで食洗機OK

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」の注意すべきポイント

続いて、iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」の注意すべきポイントを紹介します。

次の3点です。

IH調理器には対応していない

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」で注意すべきポイントの1つ目はガスコンロやIH調理器には対応していないことです。

まぁ、ガラスですからね。絶対に火にかけたりしないように!!

「フタ」はオーブンに入れられない

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」で注意すべきポイントの2つ目は、フタをオーブンに入れられないこと。

iwakiの耐熱ガラスはトースターでも使える
iwakiの耐熱ガラスはトースターでも使える

プラスチック製なので溶けてしまいます!

「フタ」は食洗機で洗えない

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」で注意すべきポイントの3つ目は、フタを食洗機で洗えないこと。

ただし、先述したように新商品の「NEWパック&レンジ」、もしくは旧タイプの白い不透明のフタなら食洗機でも使えます。

iwakiの耐熱ガラスは食洗機に入れられる
iwakiの耐熱ガラスは食洗機に入れられる

NEWはじゃっかんお値段が高いので、食洗機でフタが洗えなくてもいい場合は通常の「パック&レンジ」でいいと思います。

透明+フタは食洗機NG

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」のオススメの使い方

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」のオススメの使い方を紹介します。

わたしは「これ、量があまりそうだな」と、あらかじめ予想できるものを入れる器として「パック&レンジ」を使っているんです。

どういうことかというと、たとえばネギを切るとき。

ネギの器として普通に使う
ネギの器として普通に使う

最初から「パック&レンジ」に入れておけば、あまったとしてもフタをしてそのまま冷蔵庫に入れられるのです。

ラップの無駄づかいをしなくてもいいのでうれしいですよね。

iwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」の写真

最後にiwakiの耐熱ガラス「パック&レンジ」がどういうものかを写真で紹介します。

このように厚めのガラスでできていますよ。

少しの高さなら落としても割れません。1個は高いところから落として割ってしまったけど。

こちらはわたしの持っている古いタイプの「パック&レンジ」のフタです。

たぶん廃盤になっていると思います。

透明タイプのフタはこちらになりますよ。

透明のフタ
透明のフタ

まとめ

本記事で紹介したiwakiの「パック&レンジ」を買うなら、「NEWパック&レンジ」がオススメです。

なぜなら、フタが透明でさらに食洗機でも洗えるから。

透明+フタまで食洗機OK

ただし、じゃっかんお値段が高いので、旧タイプを買ってもOKです。

透明+フタは食洗機NG

こちらはフタを食洗機で洗えない点だけご注意くださいね。