IKEAのMOSSLANDA(アート用飾り棚)で壁をおしゃれな充電ステーションに

こんにちは。

壁にちょっとした物置きを作りたいと思い続けて2年。

IKEAのおしゃれなアート用飾り棚「MOSSLANDA(モッスランダ)」を購入しました。

スマホなどのちょっとした充電ステーションとして、自分で取り付けたらすごくいい感じになったので紹介します!

IKEAのMOSSLANDAとは?

MOSSLANDA(モッスランダ)とは、IKEAで購入できる装飾用のアート用飾り棚です。

こちらの写真のように、壁にとりつけて棚を作れるもの。

我が家ではこちらのようにコンセントの上に設置して、スマホなどの充電スペースにしました。

このIKEAのMOSSLANDAを使って、スマホなどの充電スペースを作りました。

側面から見るとよくわかりますが、溝があるのでそこにスマホを立てられます

さらに手前には上に置いている物が落ちない構造になっていますよ。

IKEAのMOSSLANDAの設置の手順

ではIKEAのMOSSLANDAを設置する手順を紹介します。

とはいっても簡単ですが……。

中に入っているものを確認

まずは中に入っているものを確認しましょう。

説明書のところにシールがついています。

このシールは、ネジで設置したあと、ネジが目立たなくするために貼ります。

ところが、ネジが見当たりません。

説明書を読んでみると、次のように書かれていました。

なんと壁の材質によってネジの種類が変わるため、ネジはついていないのです。つまり、自分で購入する必要があるようです。

位置を決めてネジを締める

位置を決めてネジを締めましょう。たったこれだけで設置は終わり。

わたしが設置した壁の向こうには木枠があります。

木枠は丈夫なので長いネジにする必要はないと思い、35mmのネジを使いました。

付属のシールでネジを隠す

付属のシールでネジを隠します。

気にならない場合はしなくてもいいでしょう。

下の写真はネジをシールで隠したところ。

目立ちにくくなりましたね!

設置が完了

これでアート用飾り棚が設置できました。

IKEAのMOSSLANDAの取り付けで考察したこと

最後に、わたしがこのアート用飾り棚を設置するときに考えたことをまとめました。

コンセントの上か・コンセントの下か?

アート用飾り棚をつけようとしている部屋(書斎)では、高い位置にコンセントがあります。

そして、このアート用飾り棚の上に充電中のスマホやイヤホンを置けるようにしたかったのです。

そこでコンセントの下、もしくは上に棚を設置するかを検討しました。

こちらはコンセントの下に棚を設置したパターン。

うーん。ちょっとごちゃごちゃしますよね。

やはり、下の画像のようにコンセントの上に棚を設置するほうがよさそうです。

こうすると、コンセントが上からは見えないのでスッキリです。

左右のバランス

アート用飾り棚をコンセントの上に設置するのは決まりました。

今度は左右のどの位置に設置するかを考えました。

まずは、窓の中心に棚の中心を合わせるパターン。

棚が短かすぎるため、すこし違和感を感じるかもしれません。

では右側に寄せてみました。

こちらのほうがしっくりくる!

【結論】窓枠の木の部分に設置

いろいろと考えましたが、このアート用飾り棚を石膏ボードの上に設置する(=壁の向こうが空洞)では頼りないと思いました。

重いものを上に置く可能性もありますから……。

そこで、木枠の部分にネジを入れることにしました。

窓枠の周りの間柱
窓枠の周りの間柱

窓の周りには木で枠を作ります。この木の部分にネジをすれば棚が落ちる確率がグッと下がりますよね。

なので下のコンセントと距離が離れてしまい、コンセントが目立ってしまうという欠点が……。

これはなんとかして自然に見えるように、今後改良していきます!

まとめ

今回はIKEAのMOSSLANDAを設置しました。

なお、この商品にはホワイト以外に次のカラーバリエーションがありますよ。

そのほかの色
  • バーチ調(薄い色の木目)
  • ウォールナット調(濃い色の木目)
  • ブラック
  • ペールピンク
  • ホワイトステインパイン(木目の上に荒っぽく白いペンキを塗った感じ)

楽天でも購入できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。