「キッチンをすっきり見せる」ために私がやっていることまとめ

こんにちは。

新居に移ってはや2年2か月。

とにかく、ものが増えすぎないように、ものを置かないように気をつけています。

とくにキッチン!

本記事ではキッチンをすっきり見せるためにやっていることをまとめます。

基本は「ものを置かない」

キッチンをすっきりきれいに見せるには、まずはものを置かないことが基本になります。

これがうちのキッチンの通常の状態です。

とにかくものを置かなければ、多少汚れていてもきれいに見え、すっきりして見えますよ。

キッチンをきれいに見せるためにやっていること

では、キッチンをきれいに見せるためにやっていることについてまとめます。

食洗機を活用する

まず、キッチンをきれいに見せるために欠かせないのが食洗機です。

うちのキッチンの場合はこちらに内蔵されています。

食器はちゃちゃっと洗剤なしのスポンジで水洗いして、どんどん食洗機に放り込みます

食洗機は家事をラクにするだけでなく、食べた後の皿を一瞬で目に見えないところに隠せるのもメリットです。

なお、食洗機で洗えない「木の食器」や「大きな鍋」は手洗いし、洗ったらすぐに皿洗い用のタオルで拭いて片付けるようにしています。

洗った後の食器は、目に入らないようにしましょう。

「水切りラック(水切りかご)」は使わない

キッチンをきれいに見せるためにやっている2つ目が水切りラック(水切りかご)を使わないことです。

先述したように、うちのキッチンでは食洗機を活用し、使用後のお皿はすぐに見えなくしています。

でも、木やプラスチックの食器や大きな鍋のように食洗機で洗えないものもありますよね。

そういうものは基本的にはシンクに最初からついている水切りと、吸水性の高いタオルを使っています(下の写真を参照)。

上の写真の左下にあるのは、ジョージジェンセン ダマスク(Georg Jensen Damask)の吸水性の高いタオルです。

シンクにかかっている水切りラックだけでは足りないことが多いので、このタオルの上に洗ったものを置いていきます。

水切りラックと比べるとだいぶすっきりしていますよね!

このタオルは「大判 ティータオル エジプト」という商品名で、色はディープブルー。

デザイン的にもおしゃれで気に入っています。

ちなみに食器を洗うときは、お湯で洗うと乾燥しやすいですよ。

スポンジは1つだけ

キッチンをきれいに見せるために3つ目にやったのは、スポンジの数を減らすことです。

通常だと、食器洗い用と、シンクの掃除用に2つのスポンジを置いている家庭が多いのでは?

うちのキッチンに置いているのは1つだけです。スポンジとはいっても、百均で売っているメッシュスポンジ

これだと、ふつうのスポンジよりも厚みがなく目立たないし、形を自由自在にできて食器を洗いやすいんです。

そしてこのメッシュスポンジで食器も洗うし、シンクまわりのお掃除もします。

排水溝のあたりもこれでお掃除するので、スポンジを2つも用意する必要がありません。

「え? 汚くない?」と思われそうですが大丈夫。

新居に入ってから毎日掃除しているので、きれいなままなんです。

シンクや排水溝は食べ残したものや油がこびりついてドブのようになってしまえば汚いですよね。

でも、そうならないように毎日、こまめに洗っていれば食器を洗うのと同じです。

ちなみにメッシュスポンジは、わたしの経験では通常のスポンジよりも長持ちします。3か月ぐらいかな。

使わないときは、次の画像のように水栓の横のカゴのところに引っ掛けて乾かしていますよ。

わたしは百均で買ったものを使っていますが、お金を出せるならこちらのような抗菌のメッシュスポンジがおすすめですよ。

洗剤を置かない

キッチンをきれいに見せるために4つ目にやっているのは、洗剤を置かないこと

お皿用の洗剤と、手洗い用の固形石鹸の2つも置きたくなかったので、固形石鹸で洗い物もするようにしました。

使っている石鹸は、百均で売っている「無香料」の固形石鹸です。

白いふきん洗い」という名前の石鹸ですが、食器洗いにももちろん使えます。

無香料なので食器にニオイがつかないし、きれいに洗えるし、場所も取らないのでお気に入りです。

以前は洗い物用の「液体石鹸」を使っていましたが、液が固まって出しにくくなるし、置いたときに目立つので、最終的に固形石鹸にいきつきました。

かれこれ、9年ほど使っています。

派手なものは置かない

キッチンをきれいに見せるためにやっている5つ目は、派手なタオル類を使わないことです。

こちらをご覧ください。

布巾、皿洗いタオル、手拭きの3種類のタオルがありますが、どれも白、もしくはグレーにしています。

タオルが黄色とかピンクのように目立つ色だと、すっきりとした印象が壊れてしまいますよ。

ちなみに布巾はダイソーの「かや織りふきん」を使っています。

消耗品はやっぱり百均にかぎりますね。

まとめ

今回は、キッチンをきれいに見せるためにわたしがやったことをまとめました。

基本はものを置かない。これにかぎります!

もし参考になればうれしいです。