【事例】ANTICO SETTS(アンティコ・セッツ)オールドをアプローチに採用!

こんにちは。

我が家の玄関前のアプローチは、新築してから1年半後に施工しました。

玄関では平田タイルの「ピエドゥラ」を使っているので、その雰囲気に合ったものを探していました。

そこでたどり着いたのは「ANTICO SETTS(アンティコ・セッツ)」です。

本記事では、我が家で使っているアンティコ・セッツの「オールド」カラーの事例を写真いっぱいで紹介します。

アンティコ・セッツ(ANTICO SETTS)とは?

アンティコ・セッツとは、インド・ラジャスタン地方で産出される硬質砂岩で作られた石畳です。

色味もナチュラルで、1つひとつの色味が違い、自然な雰囲気を出せます。

「フォレスト」「ブランカ」「オールド」の3種類があり、我が家で採用したのはグレー調の「オールド」です。

アプローチに使うとこんな感じになりますよ。

ちなみに、ほかの色とのミックスもやってくれると思います(こちらのサイトにMIXの事例があった)。

平田タイルの「ピエドゥラ」と相性がいい

冒頭でも書きましたが、我が家の玄関タイルでは平田タイルの「ピエドゥラ」を使っています。

組み合わせが自

「ピエドゥラ」の特徴は、この写真のようなランダムな色味です。

この雰囲気に合わさないと、どうしても不自然になるので悩んでいました。

そしたら、「石畳のピエドゥラ」と呼びたいぐらい雰囲気のあったものを発見しました。

それが、本記事で紹介している「アンティコ・セッツ」です。

どうでしょうか? 平田タイルとの境目もぜんぜん気になりません。

こちらの写真では、手前の砂利が写っていますが、砂利との境目も気になりません。

オールドカラーの色味はこんな感じですよ。

薄いグレーから、濃いグレーまであり、なかには薄い茶色のものも混じっています。

この自然な色味のばらつきが、アンティコ・セッツの魅力でしょう。

玄関までの道はまっすぐではなく、じゃっかんいびつにして、自然な感じを演出してもらいました。

道を少し曲げることで、実際よりも距離があるように見えます(ほんのちょっとですよ)。

雨に濡れると、こんなふうに濃い目の色になります。

現在、玄関前の土のところは「クラピア」を植えているので、ここが緑一面になった姿が楽しみでなりません。

きっと、アンティコ・セッツとクラピアも相性がいいはず!

まとめ

本記事で紹介した「アンティコ・セッツ」の施工は業者さんにお願いしました。

土台にはコンクリートなど、きちんとやってもらいましたよ。

洋風の家ならきっと合うはずなので、アンティコ・セッツもぜひ検討してみてくださいね。