窓の周りに「装飾枠(窓モール)」をアクセントとして入れる

こんにちは。

窓にちょっとしたアクセントを入れたいと思いませんか?

わたしはいろいろと考えて「窓モール」を採用しました。

窓モールというのは、窓の周りに入れる装飾枠です。

玄関のライトに真下に設置

本記事では、窓モールを採用しようと思った理由や、窓モールを入れるときのポイントを紹介します。

なぜ窓の周りに装飾枠を入れるの?

そもそも、なぜ窓の周りに装飾枠を入れるのでしょうか?

その理由は「アクセント」です。まず、こちらの画像を見てください。

玄関の窓に窓モールのない例
玄関の窓に窓モールのない例

おそらく、なんとも思わないと思いますが、次の画像と見比べるとどうでしょうか?

我が家を北側から見たところ
我が家を北側から見たところ

違いは玄関の窓に装飾枠があるかどうかです。

この装飾枠があるだけで、パッと目がいくんですね。

玄関のライトに真下に設置

もう少し離れてみてもこのとおり。

玄関の雰囲気がピシッとしまったような感じすらします。

どうやって作っているのかについては後述しています

最終的には、玄関にある小さな窓の枠だけこんなふうに「窓モール」をしました。

我が家の玄関ポーチ
我が家の玄関ポーチ

「窓モール」を採用するときに気をつけたこと

窓モールを採用するときに気をつけたことは、場所を考えることです。

玄関の窓だけに採用しましたが、これを全部の窓にやると「やりすぎ感」が出てしまいます。

実は、この窓モールがすごく気に入ったので、最初はこんなふうに全部の窓に採用しようと思っていたんです。

なんか、くどいですよね? やりすぎ感アリアリというか。

そこで、どの窓か1つに限定して窓モールを採用することにしました。

最初考えていたのは、こちらの窓への採用。

そうすると、ここの窓ばかりが目立ってしまうことに気づきました。

ここの窓ではなく、平田タイルやらライトやらがんばっている「玄関」のほうに目がいってほしいです。

我が家の玄関ポーチ
我が家の玄関ポーチ

ということで、最終的に玄関の小さな窓にしたというわけです。

我が家を北側から見たところ
我が家を北側から見たところ

おしゃれな装飾はいろいろとやりたくなりますが「あえてやらない」のも大事だなと思いました。

我が家の窓モールはどうやって作られているの?

我が家の窓モールですが、こちらはKMEW社のウォールライン・親水(釘留め専用)という商品です。

具体的な商品名は、ティンバー80A(80mm幅)で、カラーはMWフリントブラウン

玄関のライトに真下に設置

これをサッシの周りを囲んで設置しています。もし同じようにやりたい場合はぜひご参考に!

まとめ

今回採用した「窓モール」ですが、本物の木でやればよかったなあとも思っています。

ただ、屋根の色とそろえたかったので、最終的には本物の木でもダークブラウンに塗装することになっていたはず。

ということは、そんなに見た目に差は感じられないと思うので、結果的に今のままでもよかったかな。